• じゃがいも

ゆったり菜時記-14 サツマイモの収穫 ふとっちょ「う・ま・い」

2013-10-19

風は冷たい北風に変わり、庭には雪虫が舞い、平地でいつ初雪が

降ってもおかしくない季節となりました。

 わが家の畑では野菜の収穫が終盤を迎え、期待のサツマイモを

掘り出しました。

 夏の陽光を浴びて育ってくれた葉は、霜にちょっと負けながらも

耐えていましたが、半分は枯れた状態です。

苗は、春にマルチシートを敷いて南向きに2本植えたもの。

太陽まかせであまり手入れせず、茎も伸ばし放題でしたが、畑に行

くたびに「大きくて、おいしい芋に育てよ」と、プレッシャーだけは

かけ続けてきました。

 さて、芋掘りの開始です。根元の土を少しずつ掘っていくと赤い

ものが見え始めました、胸をときめかせながらさらに掘り進むと、

大きくておいしそうなサツマイモが顔を見せました。

 思わず「いや~、ふとっちょなサツマイモ」と漏らしたその瞬間

です。真っ赤な顔をさらに真っ赤にしたサツマイモに

「メタボのおまえさんに、そんなことを言われたくないね~」と

怒鳴られたような気がしました。

 掘り起こしたサツマイモは妻へバトンタッチ。早速オーブンで焼か

れて食卓へ上りました。二つに割り、湯気が出ているほっかほかをほお

ばると、独特の甘みが口の中に広がり、思わず「うまい」。

 土の中で半年、頑張って大きくなってくれたサツマイモに、確かに

「ふとっちょ」は失礼ですね。野菜への感謝を込めたほめ言葉は「うまい」

に尽きると、教えられました。





©2019 by 大雪山麓東川町でのんびり移住生活. Proudly created with Wix.com