• じゃがいも

コロナ禍 進んだのは家庭菜園

更新日:6月18日

2021-06-17

コロナ禍の中、緊急事態宣言下では行動の自由が制限

され、家にいる時間が増えています。

増えた時間は家庭菜園の野菜作りに向けられ、進捗も例年より

早く進んでいます。


私達夫婦の野菜づくりの畑は二か所

一か所はお借りしている畑、収穫まで広さと期間が必要な

野菜類を植えます。

トウモロコシ、サヤエンドウ、小豆等の豆類、カボチャ、スイカ、

ジャガイモ、さつまいも、黒にんにく用のニンニク等々を植えて

います。














もう一か所は自宅裏の畑、日常的に収穫して食べる野菜を植えて

います。


ナス、キュウリ、トマト、ピーマン、レタス等々は、二人が食べる

量に合わせて苗を育てます。

アスパラの収穫は終わり、来年へ向けて養分をしっかり貯めて

もらいます。

庭の花も日に日に変わっていきます。

農業のまねごとですが、私にとってはけっこうな運動量です、

観察力も必要です。

手を抜くとあっという間に雑草畑となってしまいます。

頭の体操、栽培計画も作ります。

何よりの喜びは新鮮野菜が食べられることです。


毎日、朝から夕方まで野菜たちに使われています。



22回の閲覧0件のコメント