top of page
  • 執筆者の写真じゃがいも

マルハナバチ&トマト勉強会に参加 上川振興局主催 23/09/15

更新日:2023年10月6日


2023-09-15

上川振興局環境生活課自然環境係主催で開催された

「マルハナバチ&トマト勉強会」に参加しました。


開催日時・場所

  9月15日(金) 10時から11時30分

  美瑛町公民館宇莫別分館

内容

・トマト生産現場における試み(ハチを使用しない生産方法)

・農業用セイヨウオオマルハナバチ管理の実態・実例紹介

・セイヨウオオマルハナバチ許可手続き及び全道の許可状況

・十勝連峰におけるセイヨウオオマルハナバチの生息状況報告

・現地視察(ハチを使用しない生産方法について) 


マルハナバチ&トマト勉強会のチラシ




セイヨウオオマルハナバチの野生化は、道内の生態系の破壊に

つながり、大雪のお花が消えてしまう可能性が有り、駆除活動が

15年程前から始まりました。


その後、駆除活動に加えて、特定外来生物に指定、トマト農家から

逃げないための許可や網の設置で管理されるようになりました。

今後は、野生にいるセイヨウオオマルハナバチをさらに駆除する

活動が重要となりますね。


追記

セイヨウオオマルハナバチ(セイヨウ)授粉の代案とは、トマト農家方の

勉強会が開催それたそうです。

20年ほど前に、ハウス栽培の授粉を促進する効果を期待され

輸入され、ハウスから逃げ出し、在来種のハチの生態系に影響

し悪影響を与える結果となり、セイヨウ駆除活動が東大の

鷲谷いずみ先生の主導で始まりました。

その後、外来生物に指定され、授粉の為のセイヨウの管理も

制度化され、今日に至っております。

上川管内では330カ所の農家さんが許可を受けているそうです。

ある農家さんが、逃げ出したセイヨウが自然環境への悪影響を見て

代替えの方法で試験をして、収穫量にほとんど影響が無いことを

確認し、今回のの勉強会になったそうです。

近い将来、セイヨウを使わないトマト栽培と、駆除活度をさらに

推進していったら、元の自然環境に戻り、大雪山のお花畑も

今の姿を将来も見ることが出来るでしょう。


セイヨウの駆除活動に参加してきた、私達夫婦にとって、ほっと

するニュースでした。













閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page