• じゃがいも

外来生物セイヨウオオマルハナバチ駆除活動の報告と学習会 2012

最終更新: 5月2日

2012年12月05日

 北海道上川地区で外来生物セイヨウオオマルハナバチの駆除を

中心的に活動している大雪と石狩の自然を守る会(寺島一男会長)

主催の学習会が開催されたので妻と二人で参加させて頂きました。

 お話しは、㈱さっぽろ自然調査官 主任技師の丹羽真一先生に

よる「マルハナバチの生態と外来生物駆除の有り方」を聞かせて

頂いた。

 その後、上川地区の活動団体の報告や意見交換会があり、有意義

な集いでした。

 開催にご尽力頂いた、大雪山マルハナバチ市民ネットワークの

戸島あかねさん、いろいろとお世話を頂き、ありがとうございま

した。 



















東川町の2012年度の捕獲状況を報告








東川町の2012年度の捕獲活動の概要。

 今年度の捕獲数は、1359頭(内数として、越冬女王が24頭

・新女王37頭)でした。  旭岳周辺のお花畑では、2頭の女王ハチが捕獲された。   今年の特徴としては、ハチの生育環境が良かったのか新女王の捕獲

数が増えた。  来年度は、春の越冬女王ハチの捕獲強化と大雪山の高山植物帯での

捕獲方法の検討が必要となる。


1回の閲覧

©2019 by 大雪山麓東川町でのんびり移住生活. Proudly created with Wix.com