top of page
  • 執筆者の写真じゃがいも

太陽の活動が活発なのでHF電波の伝搬が良好に アマチュア無線のFT8で世界と交信  23/9/28

更新日:2023年10月1日

2023-09-28

ご存じの様に太陽の活動周期と電離層の状態変化には

密接な関係にあり、活動が活発な時期はHF帯の電波伝搬

が良好になります。

現在、太陽の活動が活発な時期に有りますので、

アマチュア無線の交信方法の主力になって来ました

FT8による通信で世界各国と交信が可能です。

今日は、ヨーロッパが開けていました。


FTについて 転記


FT8は、アマチュア無線通信で使用されるデジタルモードの一つです。

FT8は、Joe Taylor (K1JT・ノーベル物理学賞受賞者とSteve Franke (K9AN)

によって開発され、2017年に導入されました。

FT8は、短い伝送サイクルと低い電力で効率的な通信を可能にするため、

アマチュア無線界で非常に人気のあるデジタルモードとなっています。

FT8の主な特徴と利点には以下のものがあります:

  1. 短い伝送サイクル:FT8は、たった15秒の伝送サイクルで通信を行います。これにより、迅速なQSO(通信)が可能となり、弱い信号や不安定なコンディション下での通信に適しています。

  2. 自動化された通信:FT8はほぼ完全に自動化されたモードで、コンピュータソフトウェアが送信および受信を制御します。これにより、オペレータは信号の伝送と受信をほぼリアルタイムで監視し、手動で応答する必要がありません。

  3. 低い電力要求:FT8は非常に効率的な伝送モードであり、比較的低い電力で通信できます。これは、アマチュア無線オペレーターが限られた電力リソースで通信を行う場合に役立ちます。

  4. DX通信:FT8は、遠距離通信やDX(遠距離)コンタクトのために特に有用です。弱い信号でも通信が可能であり、アマチュア無線愛好者にとって貴重なコンタクトを確立するのに役立ちます。

FT8は、WSJT-Xというソフトウェアを使用して実行されます。

このソフトウェアは無償で提供されており、アマチュア無線

コミュニティで広く使用されています。

FT8は、アマチュア無線オペレーターが異なる国や地域と通信し、

さまざまなバンドで楽しむための優れたツールとなっています。

閲覧数:24回0件のコメント

Comments


bottom of page