• じゃがいも

社会福祉士・村田節子さん(ぼだい樹の会事務局長)が介護支援を語る

2011年10月22日

10月22日(土)東川町改善センターで行われた介護フォーラムの

シンポジュウムで ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)事務局長の

村田節子さんが、介護支援者の 立場から、介護の有り方について、

想いを熱く語ってくれました。

シンポジュウムは、旭川大学 学長 山内コーディネーターのもと、

各立場からの 活発な意見が交わされました。










村田さんは、介護保険制度以前からの介護の現場と現実を把握、

加えて豊富な介護経験から、要介護者本人の自立と意思決定の

重要さを対応された事例を踏まえて語ってくれました。 男性介護者支援の立場からは、男女共に介護する人への支援活

動の大切さを付け加えられていました。


村田節子さんのプロフィール 北海道ホームヘルプサービス協議会 会長を務める。 東川町社会福祉協議会介護支援事業所・訪問介護事業所 所長。 社会福祉士・介護福祉士・ケアーマネジャー等々の資格を取得。 平成4年(1992年)から約18年ホームヘルパーとして介護に従事 ) ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)立上げのメインメンバー。 現在、東川町安全生活創造事業に従事し高齢者を支えている。 また、講演や講座活動、パネリストとしても活躍中です。

  






講演では、スウェーデンのエミール・オストバリ氏が、母国の

高齢者の自立に 主眼を置いた介護制度について、日本の有り方

と対比しながら話されました。

2回の閲覧

©2019 by 大雪山麓東川町でのんびり移住生活. Proudly created with Wix.com